ニュース
» 2007年06月05日 12時37分 公開

Sandisk、セキュアなUSBドライブをリリース

[ITmedia]

 米Sandiskは6月4日、セキュアなUSBドライブ「Cruzer Professional」と「Cruzer Enterprise」を発表した。

 これら製品はパスワードによる保護を提供し、ハードウェアベースの256ビットAES暗号を組み込んでいる。ハードウェアベースの暗号化は、多くのパスワード保護付きコンシューマー向けUSBメモリで使われているソフトウェアベースのセキュリティよりも信頼性が高いとSandiskは主張している。両製品ともデータ転送速度は読み込みが24Mバイト/秒、書き込みが20Mバイト/秒。

 Cruzer Professionalは主に、機密データを守ると同時に、一部のファイルを簡単に共有したい個人や小規模企業向け。ドライブ内にパスワード保護付きの「Private Zone」を設置でき、機密データをこのゾーン内に、他人と共有したいデータをゾーン外に格納できる。

 Cruzer Enterpriseは主に、企業ポリシーの施行、中央管理、コンプライアンスを必要とする中規模・大規模企業向けという。ドライブ全体を強制的にパスワード保護し、セットアップの際にユーザーに複雑なパスワードを作成させる。Sandiskは、さらなる機能性を求める企業向けにサーバソフト「Cruzer Enterprise CMC(Central Management & Control)」も提供する。このソフトにはネットワーク経由のパスワードリカバリ、紛失したドライブのリモート停止、監査などの機能が含まれる。

 Cruzer ProfessionalとCruzer Enterpriseは米国で販売開始されており、7月に欧州、年内にアジアで発売の予定。対応OSはWindows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows Sever 2003。メーカー推奨小売価格は以下の通り。

1Gバイト版 2Gバイト版 4Gバイト版
Cruzer Professional 54.99ドル 94.99ドル 144.99ドル
Cruzer Enterprise 74.99ドル 124.99ドル 184.99ドル

関連キーワード

暗号化 | SanDisk | USBメモリ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -