ニュース
» 2007年06月19日 17時15分 UPDATE

テクマトリックスとワイ・ディ・シー、製造業向けソリューションで協業

テクマトリックスとワイ・ディ・シーは製造業向けソリューションで協業し、自動車製造業向け品質管理パッケージの拡販を目指す。

[ITmedia]

 テクマトリックスとワイ・ディ・シー(以下、YDC)は、製造業を対象としたソリューションビジネスで協業すると発表した。

 協業による施策の第一弾としてまずYDCが、自社開発の自動車製造工程向け品質管理パッケージ製品「YDC SONAR」のデータ蓄積部分において、テクマトリックスが一次代理店として販売しているクラスターストレージ「Isilon IQ」を採用した。

 今後両社は、各々が持つ販売ルートを活用し、自動車製造業界を対象に、両社の製品を統合したソリューションを提供していくとしている。

 テクマトリックスは、ネットワークインフラ事業において、製造業への導入実績を多く持つ。またYDCは、ERP製品をはじめ製造業向けソリューションを取り揃えており、特に半導体・FPD・自動車製造企業との関わりが深い。今後両社は、協業を推進することにより「Isilon IQ」、および「YDC SONAR」の販路を広げていくという。

関連キーワード

クラスタ | ERP | ストレージ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -