特集
» 2007年06月29日 14時06分 UPDATE

Leverage OSS:Bash Blogger:コマンドラインからブログをする (1/2)

Bash Bloggerはその名が示す通り、ブログに関するすべての作業(ただし当然ながら文章の作成以外)を自動化してくれるbashスクリプトだ。コマンドラインを恐れないのであれば試してみる価値はある。

[Scott-Nesbitt,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 最近ポッドキャストやビデオを使ってのブログが流行しているが、オンラインで自分を表現する方法(すなわちブログを作成する方法)として、シンプルに言葉で綴るという方法も依然として多くの人に好まれているようだ。とはいえ、WordPressMovable Typeといった広く普及しているブログ用プラットフォームでは、設定や保守が面倒になることもある。だからといってBloggerやTypePadのようなオンラインサービスを使用するのも、自分のブログはすべて自由にコントロールしたいという観点から、気が進まないということもあるかもしれない。

 そこで、もしあなたがコマンドラインを恐れないのであれば、Bash Bloggerを試してみよう。Bash Bloggerはその名が示す通り、ブログに関するすべての作業(ただし当然ながら文章の作成以外)を自動化してくれるbashスクリプトだ。

 Bash Bloggerのシェルスクリプトは36Kバイトのアーカイブとして提供されている。アーカイブをダウンロードしたら、パスが通っているディレクトリのどこかで展開してbblog_setupスクリプトを実行する。bblog_setupスクリプトは、Bash Bloggerの設定ファイルやそのほかの補助ファイル一式が入ったディレクトリを作成する。特に問題が起こらなければ、インストールはほんの数秒で完了するはずだ。

 今回わたしはBash BloggerをUbuntu 6.06 LTS、DeLi Linux 0.7.1、Windows XP上のCygwin環境でそれぞれ試してみた。その結果、どういうわけかUbuntuではBash Bloggerをうまくインストールできなかった。頭を掻いたりののしったりしながら奮闘していたのだが、しばらくしてBash Bloggerのファイルが含まれているフォルダの中にCONFIG_DIR.tar.gzというファイルがあるのを発見した。どうやらbblog_setupスクリプトがCONFIG_DIR.tar.gzを展開してBash Blogger用の設定情報を含んだディレクトリを作成するはずだったようだ。そこで単にCONFIG_DIR.tar.gzを手動で展開したところ、すべて問題なく動いた。

作業開始

 Bash Bloggerのインストールが終わったら、作業を開始しよう。bblogを実行するとメニューが表示されて、幾つかのオプションが提示されるはずだ。例えば、新しいブログエントリ(「記事(articles)」と呼ばれる)を書くためのオプション、ページを挿入/追加するためのオプション、リンクやウェルカムメッセージを追加するためのオプション、ブログのルック&フィールを変更するためのオプションなどだ。

bashblogger_thumb.jpg

 Bash Bloggerでは、文章の編集にvimを使用する。ブログエントリの作成を開始するには、単に文字の入力を開始すればよい。太字、イタリック、引用、表、リンクなど、文書に書式を追加したい場合には、HTMLタグを手動で追加する必要がある。なお、Bash Bloggerでは、段落用のタグ(<p> と </p>)内にあるテキストだけが自動的に折り返されて表示されることになる。

 HTMLコードを手動で追加したくないという場合には、Bash BloggerがMarkdownサポートしているので活用するとよいだろう。Markdownは、書式用の簡単な文法で書かれたテキストをHTMLに変換できるユーティリティだ。

 そのほかにもBash Bloggerの機能には、RSSフィードの自動生成、ブログの一部ではない独立したページを出力する機能、パンくずリストの作成機能などがある。ブログエントリはすべて、シンプルなフラットファイルのデータベースに保存されるため、ファイルが壊れる可能性が低く、従って例えばMySQLのようなデータベースを使用した場合よりもデータが失われる危険性が少ない。

 .bblog.confは、Bash Bloggerの動作やブログのさまざまな側面を設定するためのファイルだ。例えばブログの名前や場所を変更したり、使用するエディタを変更したり(vimが気に入らない場合など)、コンピュータが使用する文字コードを変更したり、フロントページにRSSフィードを載せるかどうかを変更したりできる。

 .bblog.confは、テキストエディタを使用して編集するか、またはBash Blogger経由で編集できる。なお設定を変更する前にバックアップを取っておくことをお勧めする。実際わたしは編集をしくじってBash Bloggerがちゃんと動かなくなってしまい、そのためBash Bloggerを再び動かすために、デフォルトの設定ファイルをBash Bloggerのアーカイブから設定用のディレクトリにコピーし直すはめになった。

       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ