ニュース
» 2007年07月12日 19時15分 UPDATE

「キーワード広告の運用を支援する」APIとプログラムを提供――オーバーチュア

オーバーチュアは、広告代理店とSEMツールベンダー向けに「スポンサードサーチ」のAPIと、APIの利用サポートプログラムを提供する。

[藤村能光,ITmedia]

 オーバーチュアは7月12日、広告代理店とSEMツールベンダー向けにキーワード広告「スポンサードサーチ」のAPI「Enterprise Web Services(EWS)」と、APIの利用をサポートする「オーバーチュア認定テクノロジーソリューションパートナープログラム」を8月下旬から提供すると発表した。まず広告代理店とSEMツールベンダーにプログラムの参加を呼びかけ、今後は提供先の企業を拡大する考えという。

 「キーワード広告のAPIはGoogleなどが公開しているが、キーワード広告の仕組みに精通していない広告主が多いなどの理由で、有効活用されていない。EWSを含むテクノロジーソリューションパートナープログラムは、オーバーチュアが広告代理店や広告主に対しAPIの運用や管理をトータルで支援するもの」。同社のマーケティング シニアディレクターの山中理惠氏は、サービス提供の背景と他社が公開するAPIに対する運用面での差別化について説明した。

image 「新たなマーケティングサーチは、検索で得られる大量のデータをいかに運用するかにある」と山中氏

 スポンサードサーチは、ポータルの検索結果を表示したページに、キーワードに関連する広告主のサイトやURL、広告テキストなどを表示するサービス。EWSは、「新スポンサードサーチ」(地域ターゲティングなど新たな機能が加わったもの)の機能をユーザーアプリケーションから直接利用できるようにするAPI。具体的には、どのキーワードにどれだけアクセスがあったかを登録するAPIや、コンバージョン(商用目的のWebサイト上で獲得できる最終的な成果)に至るまでのキーワードなどをレポートで提供するAPIがWebサービスで公開される。

 APIにより、広告代理店は特定の時間だけキーワード広告を自動で配信する「時間帯配信」や、自社キャンペーンとスポンサードサーチを組み合わせた広告を配信する独自のECサイトの作成など、在庫状況に応じた広告の出稿や管理が可能となる。出稿作業の工数削減や業務の効率化が期待できるという。

image 「数万に上る膨大なキーワードの一括処理、リアルタイムの広告配信、オーバーチュアの広告配信プラットフォームとマッシュアップなどができる」とAPIの特徴を説明する同社 セールス テクノロジーソリューション マネジャーの小沼剛氏

 テクノロジーソリューションパートナープログラムは、EWSの商用利用や広告管理をサポートするサービスだ。開発キットや各種技術ドキュメントの提供などを含む基本サービスを無償で行うほか、テクニカルサポートやビジネス・技術コンサルティングなどを含むサービスを有償で提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -