ニュース
» 2007年10月09日 17時40分 UPDATE

日本ユニシス、JP1向け統合ログ管理機能を提供開始

日本ユニシスは、運用管理ソフト「JP1」のログデータとRSA統合ログアプライアンス「RSA enVision」を連携させる機能の提供を始めた。

[ITmedia]

 日本ユニシスは10月9日、日立製作所の運用管理ソフトウェア「JP1」の監査証跡管理製品「JP1/ NETM/Audit」と、RSAセキュリティの統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」を連携させる機能の提供を開始した。

 同機能は、JP1/NETM/Auditのシステム運用のログの監査機能と、サーバやネットワーク機器などのログを統合して管理するRSA enVisionを連携させ、情報セキュリティやIT統制にかかわるログの分析、保管・報告などの一元管理を可能にする。

jpenvsn.jpg 連携イメージ

 これにより、統合ログの圧縮、暗号化によるログ管理コストの削減、管理者の目的に沿った統合ログの分析リポート作成などが行え、運用管理者やセキュリティ管理者の負担を軽減するという。

 日本ユニシスは、今回の機能を含めた「統合ログ管理ソリューション」事業で、今後3年間に10億円規模の売り上げを見込んでいる。

関連キーワード

運用管理 | JP1 | アプライアンス | 内部統制


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -