ニュース
» 2007年12月14日 16時12分 UPDATE

マイクロソフトとスカイコム、ECMソリューションの提供で協業関係を強化

スカイコムとマイクロソフトは、企業向けのECMソリューションの提供で協業を強化すると発表した。

[ITmedia]

 スカイコムとマイクロソフトは12月14日、企業向けのECM(エンタープライズコンテンツ管理)ソリューションの提供で協業を強化すると発表した。

 両社のソフトを組み合わせて提供する。スカイコムの新製品「SkyPDF for SharePoint Server 2007」を利用することにより、マイクロソフトの「Office SharePoint Server」のコンテンツ管理環境でPDFが扱えるようになる。SharePoint ServerベースのECMソリューションの認知度向上と早期の市場拡大を図るとしている。

 このソリューションにより、WordやExcelなどOfficeの文書を一般的なPDF作成ツールに比べて高速にPDF化できるという。PDFに電子署名、タイムスタンプを付与して、文書の存在証明、改ざんの検出も可能になる。また国際標準のRFC3126長期署名フォーマットを実装しており、特許庁のガイドラインによりタイムスタンプ、電子署名など先使用権主張を可能とする文書などの保存に有効としている。

 SkyPDF for SharePoint Serverパックの販売価格は987万円(税込)から。

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト) | ECM | PDF


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -