ニュース
» 2008年01月16日 17時11分 UPDATE

MIJS、アプリ間のデータ連携を実現する「MIJS標準規格」を公開

MIJSは、アプリケーション間でのデータ連携を実現するための「MIJS標準規格」第1弾をWebサイトで公開した。

[ITmedia]

 メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS)は1月16日、業務アプリケーション間でのデータを連携するための「MIJS標準規格」の第一弾をWebサイトで一般公開した

 MIJS標準規格は、企業内の複数のアプリケーション間でデータを相互利用するための規格として、2007年11月に取りまとめられた。第一弾として、Webサイトからトランザクションデータの「生産依頼」「生産実績」「仕訳」と、マスターデータの「社員マスター」「部門マスター」の5種類のデータに関する「MIJSデータ標準規格」説明資料(Ver1.0)および「MIJS標準規格」データ定義書(Ver1.0)をダウンロードできる。

 今後は、MIJS標準規格の第二弾として、トランザクションデータでは「見込データ」「受注データ」「売上データ」、マスターデータでは「取引先マスター」「商品マスター」の規格を公開する予定(時期未定)。対象となるデータ領域も広げていく方針だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -