ニュース
» 2008年01月21日 12時43分 UPDATE

NECとトレンドマイクロ、企業向け高可用性システムの提供で協業

NECとトレンドマイクロは協業で、企業向けの高可用性システムを提供する。3年間で3000システムの導入を目指す。

[ITmedia]

 NECとトレンドマイクロは1月21日、企業ユーザー向けの高可用性システムを共同で提供すると発表した。3年間で3000システムの導入を目指す。

 NECのクラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO X」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフトウェア「ウイルスバスター コーポレートエディション」を連携する。企業の高可用性システムの構築を支援する。

 連携により、稼働系サーバに障害が発生した場合、CLUSTERPRO Xの機能で、ウイルスバスター コーポレートエディションのサーバ機能を待機系サーバに引き継ぐことができる。

 今後はトレンドマイクロのLinuxサーバ向けウイルス対策ソフトウェア「ServerProtect forLinux」とCLUSTERPRO Xの連携も視野に入れている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -