ニュース
» 2008年01月22日 08時41分 UPDATE

Dell、省エネブレードサーバ「PowerEdge Mシリーズ」発売

新ライン「PowerEdge Mシリーズ」は、IBMやHPの製品に比べて省エネルギー・高性能をうたっている。

[ITmedia]

 米Dellは1月21日、ブレードサーバの新しい製品ライン「PowerEdge Mシリーズ」を発売した。「Energy Smart」と名付けられた省電力構成のモデルで、他社製品以上の省エネルギー・高性能を実現したという。16枚のサーバブレードを格納できるエンクロージャ「M1000e」は5999ドルから、ブレードは1849ドルからで、世界中で提供を開始した。

yu_dell1.jpgyu_dell2.jpg PowerEdge M1000e(左)、PowerEdge M600(右)

 Dellによると、PowerEdge Mシリーズは、米Hewlett-Packard(HP)の「BladeSystem c-Class」と比べて消費電力は最大で19%低く、25%優れたワット性能を発揮するとしている。米IBMの「BladeCenter H」との比較では、消費電力は12%低く、ワット性能は28%優れているという。

 M1000eは10Uサイズのエンクロージャで、DellのPowerEdgeブレード「M600」および「M605」に最適化されており、クアッドコアのプロセッサ(IntelのXeonまたはAMDのOpteron)を2個までサポート。イーサネットやFibre Channel、Infinibandなどのネットワーク接続が利用できる。また、接続インタフェースに「FlexIO」スイッチ技術を採用し、より柔軟なスケーラビリティを実現したとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -