ニュース
» 2008年01月22日 16時15分 UPDATE

デルがブレードサーバの新製品を発表 IntelとAMDを選択可能

あなたはIntel派?それともAMD派?デルは「PowerEdge」シリーズの最新版となるブレードサーバを発表した。

[ITmedia]

 デルは1月22日、64ビット系サーバ「PowerEdge」シリーズの最新版となるブレードサーバ「PowerEdge M1000e」(ブレード筐体)、「PowerEdge M600」「PowerEdge M605」(サーバブレード)を発表した。2月下旬に出荷を開始する。

「PowerEdge M1000e」 「PowerEdge M1000e」

 M1000eは、10Uサイズの筐体に最大16枚のハーフサイズのブレード「M600」「M605」を搭載する。1Uのラックサーバに比べて1.6倍の高密度化を実現するほか、PowerEdgeサーバの省電力構成モデル「Energy Smart」の技術により、消費電力は最大で24%削減できる。1つの筐体内で物理サーバと仮想サーバの提供、割り当て、移動などの設定・管理ができる。

M600M605 Intel製プロセッサを搭載する「M600」(左)と、AMD製を搭載する「M605」

 M600は「デュアルコア インテル Xeonプロセッサ 5130」を、M605は「デュアルコアAMD Opteron プロセッサ 2214HE」をそれぞれCPUとして搭載する。ユーザーの利用環境に応じて、両社のプロセッサを選択できるのが特徴だ。

 価格は、M1000eが50万1900円から。M600は26万2500円から、M605は25万5150円からとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -