ニュース
» 2008年01月23日 16時16分 UPDATE

沖電気、IPテレフォニーサーバの最新版はSIP連携を強化

ネットワークのIP統合を進める沖電気は、主力製品であるテレフォニーサーバの新製品などを発表した。

[ITmedia]

 沖電気工業は1月23日、大規模オフィス向けのIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100 リリース8(SS9100)」と中小規模向けのIP-PBX「IPstage EX300 リリース5」「IPstage MX/SX リリース5」、無線IP電話機「MKT/IP-30DKWHF-V2」「MKT/IP-10DSW-V2」「MKT/IP-30DKWHFWL」の販売を開始した。

 新製品では、機能強化によりSS9100とIPstageシリーズのシステム間をSIP(インターネット電話などで用いられる通話制御プロトコル)で接続できるようになった。音声アプリケーション「Com@WILL ソフトフォン」を利用して、IP電話、ビデオ会議などリアルタイム性の要求されるアプリケーションの連携が可能になった。

新製品を使ったシステム構成図。規模に応じて使い分けできる 新製品を使ったシステム構成図。規模に応じて使い分けできる

 SS9100は、最大2万ポートに対応するテレフォニーサーバ。IP公衆電話網サービスのNTTコミュニケーションズ「.Phone IP Centrex」、NTT東西「ひかり電話」に加え、KDDI「KDDI 光ダイレクト」にも接続できる。無線LAN機能を持つソフトバンクモバイルの携帯端末「X01T」に「Com@WILL ソフトフォンポケット」を搭載することで、IP内線電話として利用可能になった。

 IPstageシリーズでは、固定電話機とCom@WILLとの連携が可能になった。固定電話機に着信があった場合、Com@WILLの画面にポップアップ表示したり、通話中や不在などメンバーのプレゼンス(状況)確認ができるようになった。

 MKTは、無線LANを持つ卓上型のIP電話機。高音質を実現する同社のIP電話技術「eおと」「マイeおと」を標準搭載し、端末や回線を問わず高品位な音声会話が可能となる。

無線IP電話機「MKT/IP-30DKWHFWL」 無線IP電話機「MKT/IP-30DKWHFWL」

 価格は、SS9100が1000ユーザーモデルで4500万円から。EX300は100内線モデルで620万円から、MXは50内線で270万円から、SXは10内線で70万円から。MKT/IP-30DKWHF-V2は5万3000円、MKT/IP-10DSW-V2は3万9800円、MKT/IP-30DKWHFWLは9万8000円。

 SS9100シリーズは今後3年間で1000セット、IPstageシリーズは10万セットの販売を見込んでいる。

関連キーワード

電話 | コミュニケーション | IP電話 | 無線LAN | X01T


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ