ニュース
» 2008年01月24日 17時16分 UPDATE

HP、最新のインテルプロセッサを搭載したエントリーサーバを発表

Xeon プロセッサ 5400番台および5200番台を載せたエントリーモデルのx86サーバ「HP ProLiant DL160 G5」を日本HPが発売する。

[ITmedia]

 日本HPは1月24日、x86サーバ「HP ProLiant」シリーズの最新版となる「HP ProLiant DL160 Generation5(G5)」を発表した。

最新のXeon プロセッサを搭載した「HP ProLiant DL160 G5」 最新のXeon プロセッサを搭載した「HP ProLiant DL160 G5」

 DL160 G5は、1Uラックマウント型のエントリーサーバ。CPUには「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ 5400番台」あるいは「デュアルコア インテル Xeon プロセッサ 5200番台」を2基実装できる。メモリ容量は最大32Gバイト、内蔵HDDは4基まで搭載可能で、ともに従来機種「DL140 G3」の2倍の性能となる。PC向けのシリアル転送インタフェースであるPCI Express x16のスロットを2個持ち、リモート管理用コントローラ「iLO100i」を標準装備する。

 価格は、18万9000円から。2月下旬から出荷を開始する。

関連キーワード

HP | サーバ | x86 | Xeon | Intel | マルチコア | クアッドコア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -