ニュース
» 2008年01月25日 08時54分 UPDATE

HP、オープンソースガバナンス計画を発表

オープンソースソフトを分析して、どのライセンスが使われているかを特定できるツールなどを提供する。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は1月24日、オープンソースソフトに関するガバナンスイニシアチブを発表した。企業がフリー・オープンソースソフト(FOSS)を採用する際に、法律、金銭、セキュリティに関するリスクに対処するのを支援することが目的だ。

 その一環として、同社は「FOSSology」「FOSSBazaar」プロジェクトを立ち上げた。FOSSologyは、HPが社内でFOSSの管理に使っているツールをベースにしている。企業はこれを使うと、社内で利用されているFOSSを分析して、どのライセンスが使われているかを知ることができる。FOSSologyはGPL 2ライセンスの下で提供される。

 FOSSBazaarは、主要ソフトベンダーやLinux Foundationと協力して、コミュニティーにHPの専門知識を提供するというもの。Google、Novell、SourceForgeなども参加し、FOSSに関連した事業上の問題を処理するための資料などを提供するという。

 HPはまた、現在のFOSSの利用状況を把握できるサービス「HP Open Source Health Check」も発表した。レガシーアプリケーション内のオープンソースコンポーネントを見つけたり、FOSS移行によるコストメリットを評価することもできる。

関連キーワード

HP | GPL | オープンソース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -