ニュース
» 2008年02月01日 20時05分 UPDATE

マイクロソフト、System Center Configuration Manager 2007日本語版を発売

マイクロソフトは、企業内のIT 資産・構成管理ソリューションを提供する「Microsoft System Center Configuration Manager 2007」日本語版の販売を同日から開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2月1日、企業内のIT 資産・構成管理ソリューションを提供する「Microsoft System Center Configuration Manager 2007」日本語版の販売を同日から開始した。

 今後登場するWindows Server 2008のネットワークアクセス保護機能と連携して、クライアントPCに対する必要な更新プログラムの適用やソフトウェアのインストールなどを実施できる。

 新製品は、企業のIT基盤の統合的な運用管理を支援するもの。Windowsプラットフォームに最適なIT基盤のライフサイクル全般にわたって、効率的な運用、管理を実現するSystem Center製品群の1つ。Systems Management Server 2003の後継製品という位置づけになる。

 運用管理の基本となるIT資産、構成管理機能を提供する。サーバ、クライアントPC、モバイルデバイスなどのハードウェアおよびソフトウェア資産の把握、セキュリティ管理と監査、更新プログラム管理、OSおよびアプリケーションの配布など、IT基盤の構成の更新や変更に関わるすべての情報を一元的に管理する。

 企業全体のIT資産の管理や構成管理を実現し、内部統制の整備とセキュリティの確保を目指すという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ