ニュース
» 2008年02月02日 08時18分 UPDATE

IBM、中国にクラウドコンピューティングセンター設立へ

IBMは中国南部にある工業都市の江蘇省無錫に、クラウドコンピューティングセンターを新設する。

[ITmedia]

 米IBMは2月1日、中国江蘇省の無錫市にある新しい工業団地内に、クラウドコンピューティングセンター「China Cloud Computing Center」を設立すると発表した。

 無錫市政府との契約に基づいて設立されるこの新センターは、工業団地内の新興ソフトウェア企業に仮想コンピューティング環境を公共サービスとして提供する。このセンターは「Blue Cloud」技術で構築される。Blue Cloudは、IBMが昨年11月に発表した、オープンな業界規格とオープンソースソフトウェアを基盤とするシステム。

 各企業はソフトウェア製品の設計、開発、テストにリソースを利用できる。このクラウドコンピューティング環境はIBM Tivoliシステムで管理され、IBM System x、System p、BladeCenterで稼働するIBM Rationalソフト開発ツール、WebSphere Application Server、DB2データベースなどを、利用可能リソースとして提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ