ニュース
» 2008年02月07日 12時47分 UPDATE

ヘブライやセルビアにも対応 Office製品が多言語で利用可能に

マイクロソフトは、Officeアプリケーションで複数言語のインタフェースや文字校正ツールが利用できるようになる「Microsoft Office Multi-Language Pack 2007 日本語版」を発売する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2月7日、ビジネス向けスイートパッケージ「2007 Microsoft Office system」のデスクトップ製品を37言語のインタフェースに切り替えるソフトウェア「Microsoft Office Multi-Language Pack 2007 日本語版」を発表した。販売は8日から。

 対応言語は以下の通り。アラビア語、中国語(繁字体)、デンマーク語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ポルトガル語(ポルトガル)、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、ブルガリア語、中国語(汎中国語)、中国語(簡字体)、クロアチア語、チェコ語、エストニア語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、ラトビア語、リトアニア語、ルーマニア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語。

 ただし、使用できるアプリケーションは言語により異なる(下図参照)。

ローカライズされたユーザーインタフェース ローカライズされたユーザーインタフェース(同社サイトから)

 新製品では、49言語に対応した文書校正ツールも使用可能で、スペルチェックや辞書などの機能を活用してさまざまな言語の文書を作成できる。

 これまで複数言語のOfficeアプリケーションを使用するには、それぞれの言語版のOffice製品を別途購入する必要があった。

 価格は、2万4800円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -