ニュース
» 2008年02月20日 09時33分 UPDATE

Webベースの開発プラットフォーム「Bungee Connect」がパブリックβ版に

アプリケーション開発環境「Bungee Connect」のパブリックβ版がリリースされた。

[ITmedia]

 米Bungee Labsは2月19日、Webベースのアプリケーション開発およびホスティングプラットフォーム「Bungee Connect」のパブリックβテストの開始を発表した。

 Bungee ConnectはPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)であり、デベロッパーはコードの記述、テスト、運用、ホスティングまでを統合的に行うことができる。これにより、アプリケーション開発時間を最大80%削減可能という。

 Bungee Connectで開発したアプリケーションは、ほかのWebアプリケーションやWebページ、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)に組み込んだり、独立したWebサイトとして運用することも可能。Bungee ConnectおよびBungee Connectを利用したアプリケーションは、特別なソフトを使わずに、Internet Explorer、Firefox、Safari経由で利用できる。

 またBungee Labsは同日、Bungee Connect向けの総合的なリファレンスアプリケーション「WideLens」のリリースも発表した。

関連キーワード

β版 | SaaS | Webアプリケーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ