ニュース
» 2008年02月21日 08時52分 UPDATE

Sun、仮想化対応のデータセンター管理ツール「xVM Ops Center」の提供開始

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは2月19日、仮想化に対応したデータセンター管理自動化ツール「Sun xVM Ops Center」の提供開始を発表した。同社のオープンソース仮想化・管理技術「Sun xVM」の鍵となるコンポーネントで、プロセッサはx86とSPARC、OSはLinuxとSolarisに対応。これらが混在するクロスプラットフォーム環境でのデータセンター管理を簡略化し、コスト削減にもつながるとしている。

 「企業がデータセンターの仮想化へ移行するに伴い、サーバやネットワーク、ストレージの管理がますます複雑になっている」とSun。xVM Ops Centerは、この管理を簡略化するためのもので、ネットワーク上のサーバなどを、電源がオフでも自動認識する機能や、Red HatおよびSUSE LinuxとSolarisへの最新パッチ提供機能、パッチシミュレーション機能、サーバの遠隔監視機能などを搭載。システム管理作業を自動化し、実体のあるハードウェアと仮想IT資産の集中管理を可能にした。

 xVM Ops Centerのソースコードは、オープンソフトウェアライセンスGNU General Public Licenseバージョン3(GNU GPLv3)に基づき、OpenxVM.orgコミュニティーで公開されている。サポートおよびネットワークサービスを含む商用版の利用料金は、管理対象サーバ1台当たり年間100〜350ドル。Satellite Server契約は、インストールとトレーニング込みで年間1万ドル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ