ニュース
» 2008年03月03日 21時07分 UPDATE

日本オラクル、需要管理ソフトウェアの最新版を提供

日本オラクルは、需要計画ソリューション最新版「Oracle Demantra 7.1.1」を同日から提供すると発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月3日、需要計画ソリューション最新版「Oracle Demantra 7.1.1」を同日から提供すると発表した。

 Oracle Demantraは、企業の基幹システムの情報を基盤に需給状況を収集して需要を予測、管理し、需要変動へのリアルタイムな計画調整と需要形成計画の管理を実施するソフトウェア。中長期における計画立案を支援するための需要計画だけでなく、日次、週次で需給のバランスを最適化した販売、オペレーション計画の策定、更新が可能なため、需要主導型で計画値を共有する部門間・組織間コラボレーションを実現できるという。

 導入企業は、顧客のニーズをリアルタイムに把握し、無駄なく最適な製品やサービスの市場投入を支援することで、企業の収益性を高めることができるとしている。

 最新版では、予測機能と需要管理などの機能が強化されており、需要分析ワークシートの活用やシリーズとデータセキュリティの強化により、ユーザーは特別なトレーニングやIT部門のサポートを受けることなく、的確な統計予測や分析、コラボレーション・シナリオのモデリングを行うことができる。製品やサービスのライフサイクル短期化、在庫削減や多拠点展開に積極的に取り組む製造業、流通業向けに提供する。

 対応プラットフォームはWindows XP、Solaris、HP-UX、AIX、Linux。価格は2940万円(消費税込み)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -