ニュース
» 2008年03月05日 20時20分 UPDATE

CTCとデジベリー、ストレージ容量を予測するサービスを発表

期間限定の無償サービス「ファイルセンサス・ストレージ増加予測サービス」を、CTCとデジベリーが開始する。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とデジベリーは3月5日、ストレージデータの増加予測をリポートする「ファイルセンサス・ストレージ増加予測サービス」を発表した。3月6日から6月30日まで無償で提供する。

 新サービスは、デジベリーが販売するストレージ管理ソフトウェア「FileCensus」を利用したもの。ストレージ内のファイルのメタ情報を基に、独自開発のアルゴリズムでストレージの増加予測リポート、ストレージ内部のファイルタイプ別分布リポートを作成する。利用者のストレージの容量計画、不適切なデータの所在確認、データ管理ポリシー策定などに役立つ。

 無償の理由についてCTCは、顧客企業に対してストレージデータ管理の重要性を説き、ストレージ環境の構築や運用サービスビジネスの強化を図るとしている。

関連キーワード

ストレージ | 運用管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -