ニュース
» 2008年03月13日 16時54分 UPDATE

NEC、ITインフラの“レンタル”と運用支援がセットの新サービス発売

NECは、同社が保有するITインフラと運営支援サービスを月額料金で利用する「RIACUBE」サービスを発売した。

[ITmedia]

 NECは3月13日、同社が保有するITインフラ資産と運営支援サービスを月額料金で利用できる「RIACUBE」サービスを発売した。サービスレベルやシステム規模に応じた料金となる。

 同サービスは、NECが検証、構築するITインフラ資産(サーバやOS、仮想化基盤、ストレージ、バックアップ、運用管理システム、アプリケーションサーバ、RDBMSなど)の利用と運用管理の支援サービスをセットにして、月額課金で提供する。

 ITインフラはNECの資産として運用され、同社が推奨する構成と運用プロセスが適用される。ITインフラをNECのデータセンター内に設置するホスティング型サービス、または顧客企業が指定したデータセンターに設置して、NECが遠隔監視などで対応するオンサイト型サービスのいずれかを選べる。

 同社の専門要員が、運用管理および保守・メンテナンス、ヘルプデスク業務などを担当。200人体制で対応する。同サービスのITインフラは、事前に顧客企業の既存インフラを調査、検証した内容から最適化された構成で利用できるようにする。利用料金は、サービスレベルとリソース所要に応じた設定になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -