ニュース
» 2008年03月26日 20時16分 UPDATE

日本オラクル、SOAでシステム構築するためのフレームワークを提供

日本オラクルは、SOAに基づく異種アプリケーション統合基盤の構成要素の1つであるフレームワークを発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月26日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づく異種アプリケーション統合基盤「アプリケーション統合アーキテクチャ」(AIA)の構成要素の1つであるSOAシステム構築のためのフレームワーク「ファウンデーション・パック」を同日より提供すると発表した。SOAのシステム構築に必要なひな型の提供によって、開発効率を向上し、変化対応力の高い情報システムの構築を実現する。

 日本オラクルでは2007年7月から、AIAの構成要素として、オラクルの業務アプリケーション製品群であるOracle Applications同士の業務プロセス統合を支援するパッケージとして、プロセス統合パックを提供している。

 今回AIAの構成要素として新たに提供するファウンデーション・パックは、プロセス統合パックにも含まれるSOAシステム構築に必要な設計モデル、機能、処理パターンやデータモデルなどを事前に定義した部品群。

 多様なプロセスを自由に組み合わせて構築できるため、オラクル製品だけでなく、他のアプリケーションベンダー製品や独自開発システムなどの異なるアプリケーションにも対応できる。異種混在環境でのSOAによる効率的なプロセス連携やシステム構築を支援するとしている。

 システム構築後、企業のビジネス環境の変化に応じたシステムへの変更要求にも、柔軟に対応できるという。

 ファウンデーション・パックはSOA基盤である「Oracle Fusion Middleware」を活用して開発されている。業界標準に基づいたデータモデルであるエンタープライズ・ビジネス・オブジェクトと事前定義済みのサービスであるエンタープライズ・ビジネス・サービスの集合体となっている。

 顧客、品目といった汎用的なデータモデル、またそれらの動作を規定するサービスが事前に定義されているため、異なるアプリケーション間の業務プロセス統合作業にかかる時間、コストやリスクを低減できる。

 利用されているサービスやサービス同士の関係を把握するためのツール「ビジネス・サービス・レポジトリ」や統合における総合的なテストを実行するツール「コンポジット・アプリケーション検証システム」も提供している。

 ファウンデーション・パックの価格は2000万円から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -