ニュース
» 2008年03月26日 20時23分 UPDATE

サン、仮想デスクトップ環境統合ソフトの新版を日本で発売

サン・マイクロシステムズは3月26日、仮想デスクトップ環境統合ソフトウェアの最新版を日本で発売した。

[ITmedia]

 サン・マイクロシステムズは3月26日、仮想デスクトップ環境統合ソフトウェアの最新版「Sun Virtual Desktop Infrastructure Software 2.0」(Sun VDI Software)を日本で発売した。

 最新版では、仮想化ソフトウェアスイート「VMware Infrastructure 3」をWindowsの仮想デスクトップ環境と接続する機能や、仮想デスクトップを特定のユーザーに割り当てる機能を追加した。ユーザーはVMware Infrastructure 3上のWindows仮想デスクトップ環境をシンクライアント端末「Sun Ray」やPCなどの端末に移動できる。自宅のPCからSSLを使ってSun Ray上のデスクトップにアクセスすることも可能となる。

 SunVDI Softwareは、Javaを実行できるPCやシンクライアント端末、モバイル機器などから、Solaris、Windows、 Linux、UNIXなどの仮想デスクトップ環境にアクセスできるようにするソフトウェア。

 価格は1ユーザー当たり1万8000円(税抜き)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -