レビュー
» 2008年04月11日 00時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:WANはまだまだ高速化できる! 高速化装置の新機能一覧

2008年、Microsoft Exchange 2007やERP、CRM、Webアプリケーションのさらなる高速化を実現するサービスの新バージョンが登場した。

[PR/ITmedia]

 2008年、Riverbedは業界最先端のWDS(ワイドエリアデータサービス)ソリューションを実現するために、WAN高速化OSの新バージョン「RiOS(Riverbed Optimization System) 5.0」を投入した。業務アプリケーションのパフォーマンスを向上させ管理を容易にするだけでなく、包括的なアプローチを取ることで情報へのアクセスを高速化してプロセスを改善し、業務の即応性を高める。

 今回、新しく追加された機能の1つ「RiOS Services Platform(RSP)」は、仮想エッジサービスを提供するとともにリモートサイトの管理を簡素化する機能だ。本ホワイトペーパーでは、RSPを含むRiOS5.0の新機能について簡潔に説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -