ニュース
» 2008年04月14日 20時50分 UPDATE

EMCジャパン、アーカイブ専用ストレージの最新OSとXAM向けSDKを提供

EMCジャパンは、アーカイブ専用ストレージ「CentraStar 4.0」とXAM仕様向けのソフトウェア開発キットの提供を開始すると発表した。

[ITmedia]

 EMCジャパンは4月14日、アーカイブ専用ストレージ「EMC Centera」の最新OS「CentraStar 4.0」と、XAM(eXtensible Access Method)仕様向けのソフトウェア開発キット(SDK)を提供すると発表した。CentraStar 4.0は同日、XAM仕様向けSDKは8月に提供する。

 CentraStar 4.0は、システム内のディスクドライブに保存できるデータ量が従来製品の2倍になったのが特徴。音声データや各種センサー出力データ、RFIDタグ情報などを保存できる。自動管理の機能を強化したことで、最大25%の高速化も実現した。

 ストレージ産業の業界団体であるSNIAとEMCジャパンが連携して標準化を進めるXAM仕様は、マルチベンダーソリューションの相互運用、データの移植、長期的な記録・保存を実現するストレージソリューション向けソフトウェアフレームワーク。XAM仕様向けSDKを使用することで、EMCジャパンのISV(独立系ソフトウェアベンダー)パートナー企業は、Centera向けに開発したソフトウェアを、XAMに対応したストレージとのアクセス管理に利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -