ニュース
» 2008年04月14日 21時18分 UPDATE

日本ユニシス、Windows Server 2008へ移行するユーザー支援サービスを提供

日本ユニシスは、Windows Server 2008やVisual Studio 2008へ移行するユーザー向けにシステム構築を中心としたサービスを提供する。

[ITmedia]

 日本ユニシスは4月14日、マイクロソフトのWindows Server 2008やVisual Studio 2008へ移行するユーザー向けのシステム構築サービスを発表した。SQL Server 2008への対応も予定する。

 同社では、マイクロソフトの新製品発売に合わせて「単体のハードウェアやソフトウェアではなく、検証済みの安全・安心なトータルソリューションをユーザー企業に提供する」という方針で、自社のIAサーバ、ミドルウェア、開発方法、ソリューションをマイクロソフトの新製品に早期対応させる。

 具体的には、2008年上半期にIAサーバ「Unisys Enterprise Server ES7000」のWindows Server 2008プリロードモデル(初期設定済みモデル)をリリースするほか、エンタープライズシステムの構築を支援するミドルウェア「MIDMOST for .NET」および「ACAB」のWindows Server 2008およびSQL Server 2008への早期対応を予定する。

 また、同社の.NETベースの標準開発方法である「LUCINA for .NET」のVisual Studio 2008への早期対応や、Windows Server 2008の「24時間365日サポート」実現に向けた早期の評価・検証の着手、NET Framework 3.0/3.5への移行支援を検討する。米Microsoftの開発チームと共同のシナリオベースの早期実証プロジェクトに参画し、SQL Server 2008へのアップグレード、移行に関する実証を実施する。

 同社では、Windowsと.NETソリューションをベースとしたシステム構築サービス全体で、今後3年間に1500億円の売り上げを見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -