ニュース
» 2008年04月16日 08時30分 UPDATE

ITmediaエンタープライズの歩き方:高感度デベロッパー応援サイト「DevIT」がオープンしました

去る4月1日にオープンしたデベロッパー向けのチャンネル「DevIT」。Web上に乱立する同様のサイトと比べてどこが違うのか、どういったコンテンツが並ぶのかなどを紹介します。

[ITmedia]

 去る4月1日、ITmediaエンタープライズは企業を変革するビジネス視点のIT情報サイトとしてリニューアルしました。それにともない、旧来のデベロッパー向けコンテンツについても見直しを図り、新たな価値を創造する新世代デベロッパーのコミュニティーネットワーク「DevIT(デビット)」を新設。更新をスタートしています。

DevIT 「DevIT」のインデックスページ。デベロッパーの皆さまは、足しげく通っていただけると幸いです。損はさせません。兄弟サイトのAdminITPlanITもよろしくお願いします

高感度デベロッパーの欲望を満たす

 「DevIT」がターゲットとしているのは、デベロッパー、それも、いわゆるアーリーアダプタ、ファーストマジョリティといった層、およびそうなりたいと願う方々です。

 昨今、デベロッパー向けのメディアはすでに幾つも存在していますが、その多くは世にある技術やソフトウェアを「使う」ことに主眼が置かれているものが多いと感じています。しかし、上記に挙げたようなユーザーからすると、こうしたコンテンツは「情報が薄い」「初心者向けで自分の役に立たない」ものであると思われてしまっているのも事実です。

 そうしたメディアの存在を否定するものではありませんが、DevITでは、「創る」ことに主眼を置きたいと考えています。自らが新たな価値を「創造」していくために必要な技術や発想といったものを扱うことで、ほかのデベロッパーをけん引するような存在になってほしいのです。そしてそうした創造性あるデベロッパーこそが、企業経営層やマネジャー層に対しても強い影響力を持ち、世界を変えていく真の原動力になるのだと信じています。

 DevITのコンテンツは、ニュースおよび特集から構成される編集部コンテンツのほか、外部のパートナーサイトのコンテンツを中心に当初はスタートします。また、外部のWebサービスが提供しているAPIを活用し、テキストでは表現できないリッチなコンテンツを提供していく予定です。DevITを訪れていただいたユーザーの皆さまが、高感度デベロッパーの力を感じ取りながら、自らもそこに近づけるような内容のコンテンツを実現したいと考えます。

devitfig2.jpgdevitfig3.jpg 画面左の部分がパートナーコンテンツ、画面右の部分が連載一覧です。連載については最新の5件程度が表示されています。また、連載は新たなものが随時追加されていきます

 また、コンテンツの拡充と併せて、高感度デベロッパーのサポートも積極的に行っていきたいと考えています。具体的には、イベントの開催などがそれに当たりますが、こうしたイベントではむしろ、高感度デベロッパーとそうでない方の結びつきになるようなものにしていければと思います。DevITを訪問いただき、イベントなどの告知を目にしたらぜひ参加を検討してみてください。そこからあなたの人生だけでなく世界も変えられる、そうしたイベントを開催したいと思っています。

 繰り返しになりますが、新たな価値を創造する新世代デベロッパーのコミュニティーネットワーク「DevIT」をどうぞよろしくお願いいたします。


「DevIT」――ここまでの人気記事ピックアップ

谷口公一――「にぽたん」と呼ばれし剛勇の新たな挑戦

DevITの人気連載。高感度デベロッパーの技術や思想に触れてみてください。


「GoogleがAmazon Web Servicesに対抗

海外の動向は高感度デベロッパーにとって宝の山です。今世界では何が起こっているのかを知ることで、旬の技術が何なのかを考えてみるとよいでしょう。


OpenIDに対応するメリットは?

専門家による連載記事の1つです。平易に解説するよう、心がけられています。


プロジェクトの障害

ご存じまつもとゆきひろ氏による人気連載。氏の言葉からは多くの気づきが得られることでしょう。


ギークとのコンタクトを求めるのは誰か――Wii Athletesリポート

DevIT初のイベントでした。こうしたイベントにぜひご参加ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -