ニュース
» 2008年04月16日 18時49分 UPDATE

ソフトサイン、フィードパスのWebメール導入で運用コストを約7割削減

運用に掛かる初期導入のコストを約70%、年間コストを約85%減らした。

[ITmedia]

 フィードパスは4月16日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型Webメール「feedpath Zebra」をソフトサインに導入し、約70%のコスト削減に成功したと発表した。

 ソフトサインは、国内コンテンツの海外配信事業を展開するベンチャー企業。電子メールの運用コストを減らすため、1アカウントからでも導入でき、サーバの購入や運用、ネットワーク構築の初期費用が不要なfeedpath Zebraを選んだ。従来と比べ、初期導入のコストを約70%、年間コストを約85%削減した。運用やメンテナンスの業務を一括でフィードパスに任せられることも導入の決め手となったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -