ニュース
» 2008年04月18日 08時00分 UPDATE

Salesforce.com、Googleとの提携の前にZohoの獲得に失敗 (1/2)

Zohoのエバンジェリストであるラジュ・ベゲスナ氏は、物別れに終わったSalesforce.comとの交渉のいきさつを説明するとともに、Salesforce.comの企業方針についても語った。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 ベゲスナ氏によると、Salesforce.comはマーケティングにお金を掛け過ぎており、研究開発に十分な投資をしていないという。

 Salesforce.comとGoogleとの強固な連携は、アプリケーション市場でMicrosoftとの対抗を目指した両社の戦略を支えるものとなりそうだ。

 しかしこの提携は、Salesforce.comが2年前にZohoを買収していたら、あり得なかったかもしれない。Zohoのエバンジェリストであるラジュ・ベゲスナ氏は4月14日、eWEEKとの電話インタビューでそう語った。この取材は、Zohoの親会社であるAdventNetのスリダー・ベンブーCEOの、物議を醸したブログ記事が報じられたのを受けて行われたもの。

 「2007年の段階でもSalesforce.comとZohoは提携交渉を進めており、全面的な合併の話も出ていた」とベゲスナ氏はeWEEKの取材で語った。

 ベゲスナ氏によると、SaaS(Software as a Service)ビジネスアプリケーション分野のリーダーであるSalesforce.comは、Zohoの買収を検討していたという。Google AppsおよびMicrosoftのOfficeスイートに対抗するZohoのコラボレーションソフトウェアスイートを手に入れるためである。

 この交渉は、Salesforce.comが自社の正式なアプリケーションプラットフォームとしてGoogleの採用を決めたことで立ち消えになったようだ。

Zohoに求婚

 Salesforce.comではこの報道に対するコメントを避けているが、ベゲスナ氏によれば、Salesforce.comとZohoは2006年に、提携や買収に関する話し合いを始めたようだ。

 しかし、ZohoはSalesforce.comのコスト構造に対する懸念から、当面は提携だけにとどめることを提案したという。推定によると、Salesforce.comは研究開発投資の8倍の資金をマーケティングに注ぎ込んでいる。

 「結婚する前に、まずデートをしようと思ったのだ」とベゲスナ氏は振り返る。「最初はAppExchangeパートナーとして試してみて、それでうまくいけば、次の段階に進めばいいと考えた」

 Zohoは、自社の「Zoho CRM」製品の運用・販売を開始する前の1999年の時点ではSalesforce.comの顧客の1社であり、2007年にはSalesforce.comのAppExchangeとの連携作業を進めた。

 しかしSalesforce.comは、Zoho CRMのサービスが立ち上がる数日前に提携を打ち切り、Zoho CRMがAppExchangeと連携することはできないとZohoに伝えた。Zoho CRMと競合する製品を持っているからというのが理由だ。

 「Salesforce.comとZohoの交渉は2007年に再開し、買収の可能性についても話し合われた」とベゲスナ氏は話す。買収金額の話には至らず、交渉は物別れに終わったという。

 ベゲスナ氏によると、4月14日のGoogleとSalesforce.comの提携発表よりもずっと前の段階で合併の可能性は消えていたという。ベンブー氏がブログに書いているように、両社の社風は合わないと同氏は指摘する。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -