ニュース
» 2008年04月21日 14時44分 UPDATE

ジャストシステム、DRM機能付きファイル伝送サービスを開始

インターネットを介して大容量ファイルを送るサービスを提供。さまざまな利用制限ができるDRM機能も付いている。

[ITmedia]

 ジャストシステムは4月21日、情報の漏えいや拡散を防止する法人向けファイル伝送サービスの提供を開始すると発表した。

 サービスの名称は「InternetDisk DRM」。電子メールの添付機能を利用せずに、インターネットを介して大容量ファイルを送るサービスだ。伝送には、あらかじめ指定した期限でファイルを自動削除したり、ファイルを受け取ったPC以外への持ち出しを禁止したりするなど、相手にファイルが渡った後でも利用を制限できるDRM(デジタル著作権管理)を適用できる。印刷、編集、保存といった操作を禁止することも可能となっている。

 メールで送るファイルの社内決裁ができる「外部伝送決裁機能」も搭載しており、社内での決裁を経て外部の情報を伝送できるようになっている。

 サービスの利用料は、10アカウント当たり月額7200円(税別)から。

関連キーワード

DRM | ジャストシステム | 著作権


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -