ニュース
» 2008年04月23日 09時29分 UPDATE

MS、「Microsoft Dynamics CRM Online」を立ち上げ

MicrosoftがSalesforce.com対抗サービスに本腰を入れる。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月22日、WebベースのCRM(顧客関連管理)サービス「Microsoft Dynamics CRM Online」(旧称Microsoft Dynamics CRM Live)を正式に立ち上げた。同サービスは、WebブラウザまたはMicrosoft OfficeとOutlook経由でマーケティング、販売、サービスのスイートを提供する。

 新サービスは米国とカナダの顧客向けに英語で提供。英語以外の言語によるサービスの開始予定は発表されていない。

 Microsoftは、ITインフラ投資やセットアップを行わなくても、簡単に同社のCRMサービスが利用できると述べている。Microsoft Dynamics CRM Onlineは当面、2種類のパッケージとして提供される。

 「Microsoft Dynamics CRM Online Professional」は、CRM機能をフルに搭載したスイート。ユーザーが設定、拡張できるオプションが付属する。データストレージ容量5Gバイト、 100個の設定可能なワークフロー、100個のカスタムエンティティが準備されている。料金はユーザー1人当たり月額44ドルだが、発売記念価格は39ドルとなる。

 「Microsoft Dynamics CRM Online Professional Plus」では、Professional版の機能にオフラインデータ同期機能が加わる。データストレージ容量は20Gバイト、ワークローは200個、カスタムエンティティも200個。料金はユーザー1人当たり月額59ドル。

 同社によると、過去6カ月間にわたって実施したMicrosoft Early Access Programでは、顧客500社以上、パートナー200社以上が新サービスを利用したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -