ニュース
» 2008年04月24日 08時33分 UPDATE

IBM、低消費電力のデータセンター向けサーバ「iDataPlex」発表

IBMが、ビデオやゲームサービス、クラウドコンピューティングサービスなどを運営する企業向けに、低消費電力の液冷式サーバを開発した。

[ITmedia]

 米IBMは4月23日、米サンフランシスコで開催中のWeb 2.0 Expoにおいて、液体冷却システムを採用した低消費電力のサーバシステム「iDataPlex」を発表した。ビデオや音楽、ゲームなどのストリーミングサービス、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)など、Web2.0型のサービスを提供するために、膨大な電力を消費している企業のデータセンターが対象という。

 新サーバシステムは、従来サーバよりも40%消費電力を抑える一方で、コンピューティング性能は5倍を実現するという。サーバを液体で冷却する方式により、データセンター全体を冷房で冷やす必要がないという。またLinuxなど、業界で普及しているすべてのオープンソースソフトに対応する点でも、コスト減に貢献するとしている。

idataplex iDataPlexを構成するサーバの1つ「DX340」

 同社はクラウドコンピューティング市場もターゲットとしており、まずはIBM Cloud Computing CenterやIBM Almaden Research Centerを含む、自社のクラウドコンピューティングセンターに導入する予定だ。

 iDataPlexは顧客が幾つかの設定からシステムを選べるようになっており、IBMは発注を受けてから顧客が選択したシステムを構築し、納品する。6月に米国とカナダで出荷開始し、年内には世界展開を行う計画という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -