ニュース
» 2008年04月28日 09時37分 UPDATE

Ubuntu 8.04 LTSがリリース

Ubuntuの商用スポンサーである英CanonicalはUbuntuのサーバおよびデスクトップの最新版がそれぞれリリースされたと発表した。

[ITmedia]

 Ubuntuの商用スポンサーである英Canonicalは、Ubuntu 8.04 LTS(Long Term Support) Server EditionとDesktop Editionが4月24日から無料ダウンロード公開されたと発表した。

 Ubuntu 8.04 LTS Server Editionには2013年まで5年間、Desktop Editionは2011年まで3年間のセキュリティアップデートとメンテナンスが付属する。

 対応プラットフォームは標準的なPC(x86)、64ビットPC(AMDおよびIntel)の2種類。CDインストーラは約700Mバイト。

 デスクトップOS向けには、WebブラウザにFirefox 3のβ5、最新GNOMEアプリケーションなどを搭載している。

 サーバOS向けには、AppArmorポリシー組み込みによるカーネル強化を施し、FreeRadius、Munin、OpenVPN、Baculaなどネットワーク関連アプリケーションを搭載している。アプリケーションおよびOSの仮想化向けにKVM対応も行われている。Active DirectoryにはLikeWise Openにより標準対応。

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -