レビュー
» 2008年05月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:使えるエンタープライズサーチの8つのポイント

エンタープライズサーチの利用者、システム管理者、導入決裁者の3者の視点から、本当に使えるエンタープライズサーチの8つのポイントを解説。

[PR/ITmedia]

 内部統制と知的財産共有の両観点から、文書を管理する必要性と、増加し続ける資産(情報)の有効活用について、エンタープライズサーチが注目を浴びている。

 「文書を管理する」とは、存在すべき文書が適切にあること、存在すべきではない文書が「ない」こと、さらには、不適切な文書の存在を調査する手段を持つことを意味する。多くの企業では、増加し続ける資産(情報)の組織横断的な共有や再利用が難しくなっている。膨大な情報から必要な情報を探すのに時間がかかるため、情報を活用できずに機会損失を発生させてしまう。

 そのような現状で、エンタープライズサーチという新しいソリューションが注目を集めているが、本当の意味で「使える」エンタープライズサーチとはどのようなシステムなのだろうか? 使用する人、システムを管理する人、導入を決定する人の3者の視点から、エンタープライズサーチを選択するための8つのポイントを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -