ニュース
» 2008年05月08日 10時08分 UPDATE

AMD、2009年に6コアプロセッサ投入

AMDは2009年後半に6コアプロセッサ「Istanbul」を、2010年前半に12コアプロセッサ「Magny Cours」を提供する。

[ITmedia]

 米AMDは5月7日、6コアプロセッサや12コアプロセッサの投入計画を発表した。

 同社がこの日明らかにしたサーバCPUロードマップによると、まず今年後半に、45ナノメートル(nm)製造プロセスを採用した初のOpteronプロセッサ「Shanghai」を投入する。Shanghaiは現行のクアッドコアOpteron「Barcelona」の次世代版で、プロセッサ間通信にはHyperTransport 3.0を使用し、6Mバイトの3次キャッシュを搭載する。

 2009年後半には、6コアプロセッサ「Istanbul」を提供する。2個以上のプロセッサを搭載するサーバ構成向けで、現行のSocket F1に対応する。

 2010年前半には、第3世代Opteron「Socket G34」プラットフォームが登場する。DDR3メモリ、AMD RD890チップセット、HyperTransport 3.0に対応する。また同時期に6コアプロセッサ「Sao Paolo」、12コアプロセッサ「Magny Cours」も投入する。

関連キーワード

AMD | Barcelona | Opteron | 45nmプロセス | マルチコア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -