ニュース
» 2008年05月08日 16時52分 UPDATE

日本IBMとIBCS、導入事例を基にした製造業向けパッケージを販売

日本IBMとIBCSは、中堅製造業向けのパッケージの提供を開始した。ERPの導入において導入期間を約3分の1、コストを約40%減らせる。

[ITmedia]

 日本IBMとIBMビジネスコンサルティング サービス(IBCS)は5月8日、Oracleの中堅企業向けERP「JD Edwards EnterpriseOne 」と、IBMが導入事例で蓄積したパッケージソリューション「IBM EX ソリューション for JD Edwards EnterpriseOne」を併せたパッケージを販売すると発表した。

 パッケージの第一弾は組み立て製造業向けソリューション。ERPの導入において、導入期間を約3分の1、コストを約40%減らせる。

 ソリューションの1つとして、既存のシステムにパッケージが適用できるかを調査する「クイックスキャン・ワークショップ」を実施し、コストの試算やソリューションの適合度、導入における目標の明確化などを実施する。ワークショップの期間は2日間。

 価格は個別見積もり。今後は、専門商社および不動産業向けのソリューションを予定している。

関連キーワード

IBM | ERP | 製造業 | 生産管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -