ニュース
» 2008年05月15日 11時14分 UPDATE

IBMのLotusやCognosにBlackBerryからアクセス可能に

IBMとRIMが共同で、「Lotus」のメールやIMのほか、BIソフト「Cognos」をBlackBerry対応にする。

[ITmedia]
yu_cognos.jpg IBM Cognos 8 Go! Mobile

 米IBMとカナダResearch In Motion(RIM)は5月14日、IBMの企業向けソフトやアプリケーションを、BlackBerry端末からアクセス可能にすると発表した。電子メールやインスタントメッセージング(IM)など、「IBM Lotus」の主要コラボレーション機能へのアクセスを可能にする「BlackBerry Client for IBM Lotus Connections」および「BlackBerry Client for IBM Lotus Sametime」の提供を開始したほか、BlackBerryに対応したビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアのモバイル版「IBM Cognos 8 Go! Mobile」などを発表した。

 両社はまた、「Lotus Notes」や「Lotus Domino」をBlackBerry Enterprise Server対応にし、Dominoで作成されたカスタムアプリや電子メール、予定表などにBlackBerry端末からアクセスできるようにする。同サーバソフトのプッシュ型アーキテクチャは、データの同期化や通知の受信を自動化し、LotusアプリケーションのアラートをBlackBerry端末でタイムリーに受け取れるようにする。またIT管理者は同ソフトのモバイルデバイス管理機能を使って、Lotusアプリケーション対応BlackBerryクライアントソフトを一元管理し、ワイヤレスで導入できる。エンタープライズクラスのセキュリティも提供できるとしている。「IBM WebSphere Portal」やIBMのダッシュボードもBlackBerry端末から利用できるようにするほか、IBMのホスティング機能をBlackBerryプラットフォーム対応にすることも発表している。

 Lotus利用者は、「BlackBerry Client for IBM Lotus Connections」および「BlackBerry Client for IBM Lotus Sametime」をWebサイトから無料でダウンロードできる。

関連キーワード

IBM | BlackBerry | Lotus | Cognos | BI | Lotus Notes


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ