レビュー
» 2008年05月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:高効率UPSでシステムの高可用化&電力費用削減

ダウンタイムが許されないサーバシステムを低ランニングコストで構築するには? 高効率なUPSを使用し、システムを高可用化する製品群を紹介する。

[PR/ITmedia]

 インターネットやモバイルネットワーキングが拡大するにつれて、中継点となるデータセンターの拡張が進んでいる。資源保護が叫ばれている昨今、多数のサーバやストレージを抱え、大規模なシステムを24時間連続で運用するデータセンターに対して、機器自体の消費電力抑制や発熱による空調管理など省エネ対策の徹底が求められている。

 そこで、これまでシステムの無停止化を図るために導入が進んできたUPS(無停電電源装置)にも高効率化、低発熱化が求められるようになってきた。本ホワイトペーパーでは、これらの課題を解決する手段として、パワーマルチプロセッシング方式を採用したUPS製品群を紹介する。高効率運転や高精度な電源制御を可能にし、信頼性が高いだけでなく、専用ソフトとの併用でWindowsやUNIXなど各種OS上のリモート監視やシャットダウンなども実行可能だ。詳細はホワイトペーパーにて。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ