レビュー
» 2008年05月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スモールスタートもONStor! そのNASに将来性ありますか?

NASの導入に当たっては、データの増大を考慮して将来的なシステムの成長を見据える必要がある。では、どのようなNASを選べばよいのか(提供:日本SGI)。

[PR/ITmedia]

 飛躍的に増大するデータ。その管理はシステム管理者にとって大きな悩みの種だろう。解決策の1つがNAS(Network Attached Storage)によるファイルサーバ統合だ。複数のサーバやストレージをNASに集約することでリソースを有効利用したり、バックアップなどの管理を容易にして全体のコスト削減につなげたりできる。

 NASの導入は、まず試験的に導入し、データの容量に応じて段階的にディスク容量を増やしていくのが主流だ。投資という意味でも、最初は小さな構成から始めるのが定石だろう。日を追うごとにますます増えていくデータに合わせて、将来的にシステムを増強し成長させていくためには最初の選択こそが肝心となる。

 本ホワイトペーパーでは、エントリーモデルの構成からハイエンドモデルの構成まで、投資を無駄にせずに成長させることが可能なゲートウェイ型NASについて、想定される課題/問題点とその解決策を具体的に盛り込みながら考察していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ