ニュース
» 2008年05月21日 08時47分 UPDATE

案件リストをガジェット表示:オラクルのCRMアプリ最新版 iGoogleからも利用可能に

最新版ではインターネット上のコンテンツを画面上に表示したりアプリケーションの機能をガジェットとして使ったりできるようになった。

[ITmedia]

 日本オラクルは5月20日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型CRMアプリケーションの最新版「Oracle CRM On Demand Release 15」の提供を開始した。

 最新版では、地図情報やブックマーク、ニュースサイトのRSSといったインターネット上のコンテンツをユーザーインタフェースに表示できるようになった。スケジュールや案件リストなど同アプリケーションの機能を切り出して、iGoogleなどのWebポータルに組み込んだり、ガジェットとしてデスクトップに表示させたりすることも可能となった。

 部門内での営業活動や顧客の状況を効率的に共有する機能も強化している。営業活動の情報を共有する「スティッキーノート」や、リアルタイムでメッセージのやり取りができる「メッセージセンター」を追加した。売り上げなどの見込み、活動率を把握できる分析機能や、KPIに対する達成度から最適な業務を推奨するガイドナビゲーション機能も拡充した。

 Oracle CRM On Demandは、営業、マーケティング、フィールドサービスやコールセンターにおける業務を支援するCRMアプリケーション。

 価格は1ユーザー当たり8750円(税抜き)。対応するWebブラウザはMicrosoft Internet Explorer 6以上またはFirefox 2.0以上。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -