特集
» 2008年05月22日 00時00分 UPDATE

UNIX処方箋:ディスクデバイス名の調査方法

「事件は枯れたシステムが稼働する現場で起こってるんだ」と現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、Solaris上で、各ディスクのデバイス名を確認する3つのコマンドを紹介しよう。

[ITmedia]
80x80_1_solaris.jpg

Solarisで、現在接続されているディスクのデバイス名を確認したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?


80x80_2.jpg

Solaris上で、各ディスクのデバイス名を確認する方法として一般的に用いられるのは、以下の3つのコマンドを利用するものです。

formatコマンド

 formatコマンドを実行すると、Solaris上で認識されているディスク一覧が表示されます。この結果を参照して、デバイス名を調査します。このとき、ディスクの選択でキー入力待ちとなるので、終わらせるにはCtrl+Dキーを押します。または、実行例1のようにformatコマンドを実行します。


# format < /dev/null
Searching for disks...done

AVAILABLE DISK SELECTIONS:        0. c0t0d0             /pci@1f,0/pci@1,1/ide@3/dad@0,0        1. c0t1d0             /pci@1f,0/pci@1,1/ide@3/dad@1,0 Specify disk (enter its number):
実行例1 formatコマンドを利用して、各ディスクのデバイス名を確認

iostatコマンド

 iostatは、各種I/Oのステータスを確認するためのコマンドです。実行例2のように「iostat -En」を実行すると、ディスク一覧が表示されます。このコマンドを使用した場合、OS起動中に該当ディスクで発生したエラーについても確認できます。


# iostat -En
c0t0d0          Soft Errors: 0 Hard Errors: 0 Transport Errors: 0
Model: ST320414A        Revision: 3.28     Serial No: 3EC0YDSW
Size: 20.40GB <20403339264 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 0 Recoverable: 0
Illegal Request: 0
c0t1d0          Soft Errors: 0 Hard Errors: 0 Transport Errors: 0
Model: ST39140A         Revision: 861000   Serial No: AY497090
Size: 9.11GB <9114771456 bytes>
Media Error: 0 Device Not Ready: 0 No Device: 0 Recoverable: 0
Illegal Request: 0

実行例2 iostatコマンドを利用して、ディスク一覧を表示させる

cfgadmコマンド

 Ex000系のDR機能*がサポートされている機種でデバイスの接続・解除などをコントロールするコマンドがcfgadmです(実行例3)。Solaris 7以降のcfgadmコマンドは、ストレージ部分に関してはBladeなどのDR非対応のSunシステムでも使用可能です。ただし、x86プラットフォームにおいては、cfgadmコマンドではIDEディスクを認識できず、SCSIディスクのみの対応となります。


# cfgadm -alv -s "select=type(disk)"
Ap_Id                          Receptacle   Occupant     Condition   Information
When         Type         Busy     Phys_Id
c0::dsk/c0t0d0                 connected    configured   unknown   unavailable
Jan  1  1970 disk         y
/devices/pci@1f,0/pci@1,1/ide@3:scsi::dsk/c0t0d0
c0::dsk/c0t1d0                 connected    configured   unknown   unavailable
Jan  1  1970 disk         y
/devices/pci@1f,0/pci@1,1/ide@3:scsi::dsk/c0t1d0

実行例3 cfgadmコマンドを利用して、各ディスクのデバイスを確認

このページで出てきた専門用語

DR機能

DRはDynamic Reconfigurationの略称で、動的再構成機能とも呼ばれる。システムの稼働中に、実行中のユーザープロセスの中断を最小限に抑えながら、システムボードを動的に再構成し、安全に着脱できる。


関連キーワード

Solaris | UNIX | UNIX処方箋


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -