レビュー
» 2008年05月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化の新たな経済性

企業のITインフラが抱える課題を解決する手法として注目が集まる「仮想化」。その仮想化にはどのような手法があるのだろうか。そして仮想化はインフラにどのようなメリットをもたらしてくれるのであろうか(提供:日商エレクトロニクス)。

[PR/ITmedia]

 企業のIT基盤の課題を解決する「仮想化」技術がある。仮想化は、ハードウェア数の削減・空調・スペース・電力費用の削減を目的として導入が進んでいる。

 仮想化にはサーバ集約だけではなく、サーバ冗長化の代替やシームレスなサーバ移行など、多くの機能とメリットがある。これらの機能を有し、かつコストパフォーマンスに優れたサーバ仮想化ソフトウェア製品「Virtual Iron」について、特徴・機能を交え紹介する。OSSの「Xen」をベースとし、すべてGUIで操作可能な、2000社の導入実績を持つ製品でもある。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -