レビュー
» 2008年05月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:CMDB構築がITサービスレベルの向上とコスト削減の鍵

ITILにおいて定義されているCMDB構築の重要性について解説し、CMDBを具現化してサービスレベルの向上やコスト削減を実現するソリューションを紹介する(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 企業におけるIT活用の重要性が増す中、サービスレベルの維持・向上および関連コストの削減などが大きな課題となっている。こうした課題を解消するには、企業システムを構成するさまざまな要素についての属性情報やそれらの履歴情報、あるいは各要素間の関連性や依存関係を明確に把握し、それに基づくITサービスマネジメントを実践していくことが不可欠である。そのためには何をすればよいのか?

 本ホワイトペーパーでは、そうした要請を満たすものとして、ITIL(IT Infrastructure Library)におけるCMDB(Configuration management Database:構成管理データベース)構築の重要性を説き、CMDBの具現化をサポートする「CA-MDB」について簡潔に紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -