ニュース
» 2008年05月26日 16時53分 UPDATE

1筐体に2台分のサーバ機能:日本HP、高密度型ブレードサーバを発売

[ITmedia]

 日本HPは5月26日、高密度ブレード型サーバ「HP ProLiant BL2x220c Generation 5」(HP ProLiant BL2x220c G5)と、ラックマウント型サーバ「HP ProLiant DL580 Generation 5」(HP ProLiant DL580 G5)を発売した。

image HP ProLiant BL2x220c Generation 5

 HP ProLiant BL2x220c G5は、1台の小型ブレードサーバにサーバ機能を提供する装置を2台格納するブレードサーバ。1つのノードには、電源スイッチ、2個のクアッドコア インテル Xeon プロセッサを搭載し、メモリは最大16Gバイトまで拡張可能。各ノードは独立したサーバとして利用でき、HPのサーバ管理ソフトウェアで個別に管理できる。同サイズのブレードサーバ「HP ProLiant BL460c」と比べて540gの軽量化(最大構成時)を実現し、消費電力はノード単位で比べると30%削減できる。Webアプリケーションやハイパフォーマンスコンピューティングといった用途に適している。

 4つのプロセッサを搭載できるx86サーバ「HP ProLiant DL580 G5」において、最小構成がプロセッサ1個のモデルとなるラックマウント型サーバHP ProLiant DL580 G5も発売した。クアッドコア インテル Xeon プロセッサ E7310を搭載し、メモリは256Gバイトまで拡張可能。仮想化プラットフォームやデータベースサーバなどのシステム向けという。

 価格はHP ProLiant BL2x220c Generation 5が73万5000円から。HP ProLiant DL580 G5 1プロセッサモデルが49万9800円から。いずれも6月下旬に出荷を予定している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -