ニュース
» 2008年05月28日 07時45分 UPDATE

スモールビジネス向け「Google Mini」に新機能

企業向け検索アプライアンスの「Google Mini」に、ファイルの重要度を情報源や日付に応じて調整し、検索結果に反映できる機能が加わった。

[ITmedia]

 米Googleは5月27日、小規模企業向けの検索アプライアンス「Google Mini」のアップグレードを発表した。社内共有文書や情報の重要度を評価し、検索結果に反映できる機能などが加わった。新機能の1つ「Source Biasing」では、情報の重要度を情報源に応じて評価する。一方「Date Biasing」機能では、情報の古さ・新しさで重要度を評価することが可能だという。

 今回のアップグレードでは、共有サーバなどに保存された文書をGoogle Miniが巡回できるようになったため、より多くの文書の検索が可能になった。

 また、対応言語数も増え、ギリシャ語やハンガリー語など新たに6カ国語で管理画面やヘルプが利用できるようになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -