ニュース
» 2008年06月06日 20時59分 UPDATE

安定稼働を確認:JR東日本、6万2000人が利用する社員システムをSAP製品で構築

JR東日本は6万人以上の社員が使用する社員システムを安定稼働させた。システムの構築にはSAPのERP製品を使った。

[ITmedia]

 ベリングポイント、SAPジャパン、マイクロソフトは6月5日、6万2000人が利用する東日本旅客鉄道(JR東日本)の社員システムを、人事管理システム「SAP ERP Human Capital Management」を使って構築したと発表した。2007年10月から稼働を開始し、現在安定した稼働が確認されている。

 JR東日本は、人事にかかわる業務を個別のシステムで運用していたため、人事や給与、社会保険、福利厚生といった社員情報が点在し、部署間での情報共有がうまくいかないといった問題が生じていた。これらの情報を統合して、業務の負荷を軽減できる社員システムの構築を必要としていた。

 JR東日本はSAP ERP Human Capital Managementを採用し、各システムのマスターデータを統合した社員システムを構築した。社員向けの人事ポータルを作成して、人事制度や組織の変更を迅速にできるようにもした。

 べリングポイントはシステム構築の助言や要件定義、運用サポートを担当。SAPジャパンはマイクロソフトのWindows Server上に基盤を構築した。

 SAPのERP製品を使用するシステムとしてはアジア太平洋地域で最大の規模という。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

SAP | ERP | 運用管理 | システム構築 | Windows Server


オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -