ニュース
» 2008年06月09日 13時12分 UPDATE

SQL Serverにも対応:日本HP、データベース内の変更済みデータを長期保管できるソフト

処理済みのデータを長期保存するデータアーカイブを構築できるソフトウェアを日本HPが発売した。

[ITmedia]

 日本HPは6月9日、データベース内のデータを効率的に保存、参照できるソフトウェアの最新版を発売した。

 発売したのは「HP Database Archiving software 6.0」。企業内のデータを効率的に保存できるデータアーカイブを構築するソフトウェアだ。変更の可能性のないデータをデータベースとは別の場所に保存できる環境を作るため、コンプライアンスの面で求められるデータの長期保存に対応できる。

 従来製品では、ERP製品「Oracle E-Business Suite」に特化したパッケージ製品だったが、最新版ではOracle DBに加え、Microsoft SQL Serverにも対応した。データの保存や参照のポリシーをGUI(Graphical User Interface)経由で自由に設定できるようになった。

 データの意味や構造の記述が可能なXML形式でデータを保存し、SQL命令によってXML形式で保存したデータにアクセスできる機能も追加した。システムに負荷をかけずに長期間のデータ保存が可能となる。

 価格は「HP Database Archiving software 6.0 Oracle環境版」が1344万円から。「HP Database Archiving software 6.0 SQL Server環境版」が714万円から。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -