ニュース
» 2008年06月11日 16時58分 UPDATE

Office製品とスムーズに連携:Dynamics CRMと名刺管理サービスが連携 SaaSで提供

マイクロソフトのCRMアプリケーションと、イーシステムの名刺管理サービスを連携し、SaaS形式で提供を開始する。

[ITmedia]

 イーシステムとマイクロソフトは6月11日、マイクロソフトのCRM(顧客管理)アプリケーション「Microsoft Dynamics CRM 4.0」と、イーシステムの名刺管理サービス「アルテマブルー」を連携し、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で8月に提供すると発表した。

 アルテマブルーで読み込んだ名刺のデータをDynamics CRM 4.0と連携させることで、従業員が持つ人脈の共有や、見込み顧客の管理および分析ができるようになる。読み取った名刺のデータは、Microsoft Office OutlookやMicrosoft Office Excelと連携することも可能で、Office製品との情報共有が簡単にできるのが特徴となる。

 アルテマブルーは、スキャナを通して読み込んだ名刺の画像を、オペレーターが目視で確認してデータ化している。画像を機械で読み取る場合に比べ、情報の入力ミスを減らせる仕組みという。

 マイクロソフトは、Dynamics CRMおよびデータを連携する「SQL Server」「Exchange Server」を含む技術支援を実施する。関連するイベントやセミナーも開催し、CRMシステムの導入を支援していく。

 価格はオープン。2009年度末までに50社の契約を目指す。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

CRM | 名刺 | Microsoft Dynamics


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -