レビュー
» 2008年06月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:バックアップで真に発揮される「データ重複排除」の効果

データ重複排除の技術は、バックアップ時のストレージ消費量やネットワークの利用帯域を大幅に抑えることができる。この技術を採用するPureDiskの導入効果を、事例を交えて明らかにする(提供:シマンテック)。

[PR/ITmedia]

 データの増加率が急速に高まる中、バックアップ時の帯域幅やストレージ容量を最適化するデータ重複排除技術の重要性も増している。データ転送の前にバックアップサイズを縮小する「Veritas NetBackup PureDisk」は、ストレージや帯域幅の最適化によるデータ保護を、リモートオフィスや仮想環境、データセンターに提供することができる。

 本ホワイトペーパーでは、同製品によるストレージおよび帯域幅の最適化について、その効果を5つの事例から考察する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -