ニュース
» 2008年06月12日 08時40分 UPDATE

「Enterprise 2.0」ショウ:Microsoft SharePointにすり寄るソーシャルソフトウェアベンダー (1/2)

Awareness、WorkLight、NewsGatorなどのベンダーが、Microsoftの大ヒットプラットフォームであるSharePointとの連携を進めている。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 ボストンで6月9日に開幕した「Enterprise 2.0」ショウでは、3社のエンタープライズソーシャルソフトウェアプロバイダーが、MicrosoftのSharePointプラットフォーム内での有利なポジションを求めて競っている。このうちの1社ないし2社は、巨大ソフトウェアメーカーに10億ドルの売り上げをもたらしているコラボレーションスイートの中で永住の地を確保できる可能性がある。

 Awarenessの「Summer 2008」プラットフォームは、Microsoft Office SharePoint Server 2007およびMicrosoft Windows SharePoint Services 3.0と連携する。

 WorkLightも、Facebook、パーソナライズされたホームページガジェット、デスクトップウィジェット、RSS、スマートフォンなどを利用してOffice SharePoint Server 2007の情報にアクセスしたり、情報を更新したりすることを可能にするソフトウェアを発表した。

 一方、NewsGator Technologiesの「Social Sites 2.0」では、Office SharePoint Server 2007から直接、Social Sitesのプロファイル機能やそのほかのソーシャル機能にアクセスすることができる。

 Awarenessのデビッド・カーターCTO(最高技術責任者)によると、Awareness Summer 2008プラットフォームには、Awarenessコミュニティーを任意のWebサイトやサードパーティーのサービス(iGoogleやFacebookなど)に拡張する可搬型ウィジェットが含まれるという。

 これによりユーザーは、カスタマイズ可能なドラッグ&ドロップ型インタフェースを通じて、ピープルリスト、ステータス、プロファイルプライバシー、プレゼンス、近所、グループ、アクティビティフィードなどにアクセスすることが可能になる。

 顧客やパートナーと連携しているSharePointのユーザー向けに、Awarenessは自社のウィジェットを「Web Parts」としてパッケージした。これにより、Awarenessが企業向けにコミュニティーを作成したときに、SharePointの管理者は自社のサイト用にカスタマイズ可能なWebパーツのセットを入手できる。

 これらのウィジェットを利用すれば、コミュニティーコンテンツの監視と提供、ユーザーの詳細データとステータスの表示、コンテンツの検索、コミュニティーの参加の監視といった機能をSharePoint製品/技術から直接実行することができる。

 MicrosoftとAwarenessの連携機能はそのほかにも、SharePoint内でのAwarenessダッシュボードの表示、Microsoftシングルサインオンとの連携、SharePointとAwarenessのコンテンツの統合検索、新規/既存のAwarenessコミュニティーソーシャルネットワーキング機能の利用などがある。

 WorkLightとSharePointの連携もAwarenessのそれに近い。同社では、ユーザーがFacebook内のWebベースのウィジェットを通じて、あるいはWindows Live、Vistaのサイドバー、iGoogle、Netvibesを通じて、SharePoint Server 2007の情報(ドキュメントの更新やコンタクト情報)にアクセスできるようにしている。

 またWorkLightのユーザーは、iPhoneやBlackBerryなどのスマートフォンを通じてSharePoint Server 2007の通知を受け取るように設定できるほか、社内の同僚の検索では、WorkLightの「WorkBook」アプリを通じてSharePoint Server 2007とFacebookの両方にまたがる検索が行える。

 AwarenessとSharePointの連携と同様、ユーザーはSharePoint Server 2007のWeb Partsとして動作するウィジェットからエンタープライズアプリのデータにアクセスすることもできる。これにより従業員は、時間報告、業務確認、購入承認といった機能をSharePointから直接実行することが可能になる。

 AwarenessとWorkLightが自社製品とSharePointとの間でソーシャルネットワークとウィジェットによる連携を構築している背景には、2つの要因が存在する。1つはSharePointの圧倒的な成功である。同プラットフォームとの連携は、小規模ベンダーにとって認知度の向上、ひいては市場での影響力の増大につながるのだ。

 もう1つの要因は、Microsoftとの連携に最も優れたプロバイダーは、Microsoftのターゲットという願ってもないポジションを確保できる可能性があることだ。Microsoftは自社のプラットフォームにソーシャルツールをきちんと組み込んでいないと以前から批判されてきたが、ソーシャルツールベンダーとの連携のおかげで同社にはその必要がなくなった。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -